人工炭酸泉製造装置

人工炭酸泉製造装置

人工炭酸泉製造装置

“炭酸泉”とは、炭酸ガス(二酸化炭素)が溶け込んだお湯のことです。
炭酸泉は、他の温泉には無い独自で明確な作用があることが医学的にも証明されており、各方面において広く活用されています。
炭酸泉は、濃度が高ければ高いほどその効果を発揮すると言われています。日本の温泉法では、お湯1リットルに炭酸ガスが0.25g (250ppm)以上溶けたものが炭酸泉と定義されており、その中でも、1000ppm以上のものを高濃度炭酸泉と言います。
三菱ケミカルが世界で初めて高温水に炭酸ガスを溶かす特殊技術が開発し、人工的に高濃度炭酸泉を作り出す装置が誕生しました。