下水処理場 AREA

MBR

排水の生物処理では、菌が水の汚れを集めて作った固形分(活性汚泥)を水と分離することで水をきれいにします。一般的な標準活性汚泥法では、活性汚泥が重力で沈降する汚泥と水を分離するため、大きな水槽が必要です。
MBRは、膜(フィルター)で分離するで、活性汚泥が沈降するまでの時間が不要となるため、省スペース・高負荷対応にできます。
また、沈降では菌や軽い汚泥は分離できずに流出してしまいますが、ろ過では流出を防ぐことができるため、処理水を再利用できるようになります。(リユースが可能です)

<詳細はこちらをご覧ください>

活性汚泥診断

排水の生物処理では、菌が水の汚れを集めて作った固形分(活性汚泥)を水と分離することで水をきれいにします。標準活性汚泥法では活性汚泥が重力で沈降する汚泥と水を分離するため、活性汚泥の状態によっては分離が不十分となることがあります。
「活性汚泥生物診断」とは、活性汚泥の生物から排水処理状態を診断し、排水処理の問題・課題を解決する手法です。診断により、トラブルの解決、排水処理の安定操業、運転方法の最適化などが図れます。

水処理薬品

状性細菌を殺菌駆除し、汚泥沈降性を改善
ラパントSH-1,ラパントM:糸状性細菌に殺菌性を有する汚泥沈降促進剤
・ラパントAFシリーズ 消泡材 :放線菌、高粘性、未分解等の様々な発泡原因に対応可能な消泡剤をラインナップ 
・ラパントBNシリーズ 放線菌による発泡の抑制,膜ファウリング防止:脂質、タンパク質などの分解能が高い微生物製剤
・スーパーシリーズ 汚泥フロックの改質,高粘性現象の軽減:細菌に対して良好な栄養分を豊富に有する剤

一覧へ戻る