食品工場 AREA

純水装置

当社では、イオン交換樹脂を用いた装置とRO膜を用いた装置を取り扱っております。
イオン交換樹脂を用いた装置では、RO膜をよりも高純度の純水が得られますが、樹脂の再生に塩酸や苛性ソーダ等(強酸・強アルカリ)の薬品を使いますので、中和設備が必要になります。
国内では、カートリッジに詰めた樹脂が破過したら当社再生工場に送付→再生して返送する「樹脂再生サービス」も行っております。

<詳細はこちらをご覧ください>

軟水装置

イオン交換樹脂で、水の硬度分(カルシウムイオン、マグネシウムイオン)をナトリウムイオンに置換します。通水するとイオン交換樹脂に硬度分が蓄積するため、定期的に塩(NaCl)水で再生します。

<詳細はこちらをご覧ください>

有価物の回収・不純物の除去

医薬品・化学品・機能性食品等で優れた成分を見出した時、商品化を考えると、より高純度に、(かつ不純物を少なく)することが重要になります。
当社にご相談いただければ、当社の技術で目的成分の高純度化がどこまでできるかの検討をし、お客様が満足する結果が出た時には、ご希望する規模の装置を提供いたします。

醤油の脱塩装置

(イオン交換膜を利用した)電気透析法により、醤油の塩分濃度を半分以下に減らせます。
電気透析法は非加熱・非加圧の分離法のため、品質・成分の変化が生じにくいという特徴があり、調味液等、塩濃度の高い液体の脱塩に適しています。
また、更に塩濃度を上げることもできます。

食品排水処理装置 ATBC

微生物が食品排水等の油分や有機物を効率よく分解できるように、微生物を担持したヘチマスポンジ状の接触体を一部排水に浸して回転させる装置です。

一覧へ戻る