食品工場 AREA

純水装置

当社では、イオン交換樹脂を用いた装置とRO膜を用いた装置を取り扱っております。
イオン交換樹脂を用いた装置では、RO膜をよりも高純度の純水が得られますが、樹脂の再生に塩酸や苛性ソーダ等(強酸・強アルカリ)の薬品を使いますので、中和設備が必要になります。
国内では、カートリッジに詰めた樹脂が破過したら当社再生工場に送付→再生して返送する「樹脂再生サービス」も行っております。

詳細はこちらをご覧ください

軟水装置

イオン交換樹脂で、水の硬度分(カルシウムイオン、マグネシウムイオン)をナトリウムイオンに置換します。通水するとイオン交換樹脂に硬度分が蓄積するため、定期的に塩(NaCl)水で再生します。

詳細はこちらをご覧ください

有価物の回収・不純物の除去

医薬品・化学品・機能性食品等で優れた成分を見出した時、商品化を考えると、より高純度に、(かつ不純物を少なく)することが重要になります。
当社にご相談いただければ、当社の技術で目的成分の高純度化がどこまでできるかの検討をし、お客様が満足する結果が出た時には、ご希望する規模の装置を提供いたします。

醤油の脱塩装置

(イオン交換膜を利用した)電気透析法により、醤油の塩分濃度を半分以下に減らせます。
電気透析法は非加熱・非加圧の分離法のため、品質・成分の変化が生じにくいという特徴があり、調味液等、塩濃度の高い液体の脱塩に適しています。
また、更に塩濃度を上げることもできます。

食品排水処理装置 ATBC

微生物が食品排水等の油分や有機物を効率よく分解できるように、微生物を担持したヘチマスポンジ状の接触体を一部排水に浸して回転させる装置です。

地下水(井水)活用膜ろ過飲料化システム

地震に強い特徴を持つ井戸からくみ上げた地下水を浄化し、上水道との2元化により災害時にも水ライフラインを確保し、事業継続を可能にするシステムです。
東日本大震災以降、災害時に地域住民に飲料水を提供する協定を自治体と締結するお客様も増えており、CSR面でも活用されています。
初期投資なく水道料金削減可能な契約形態と相まって、病院、介護施設、工場、学校、商業施設など、全国1,250件以上の施設でご利用いただいております。

詳細はこちらをご覧ください


井戸掘削

井戸は地震の影響を受けにくいことが過去の震災で実証されており、井戸の利用が注目されています。
当社には全国で2,000本以上の掘削実績があり、蓄積したデータとノウハウで良質な井戸を適正な管理のもとで掘削します。
地下水(井水)活用膜ろ過飲料化システム設置のための井戸掘削の他、井戸だけの掘削依頼、災害用井戸、なども承っております。

詳細はこちらをご覧ください

井戸改修

井戸孔内には、地質や原水水質により、揚水量低下を招くことがあります。
地下水を末永くご利用いただくため、井戸の修繕をおこなっております。

詳細はこちらをご覧ください

一覧へ戻る