飲料工場 AREA

飲料用純水装置 ビバレッジカウンタック

通常の純水装置は、イオン交換樹脂を新品に入れ替えると処理水に独特の味と匂いを消すため、長時間の通水(水洗)をする必要がありましたが、無臭化特殊樹脂を採用することで、入れ替え後、すぐに使用できます。
また、装置(or接水部)を熱水殺菌できる構造になっています。

<詳細はこちらをご覧ください>

リンサー排水回収装置

飲料工場においてペットボトル充填前の殺菌時に使われるリンス排水(リンサー排水)中の過酢酸(殺菌剤成分)等を効率良く除去し、リサイクルするための装置です。

果汁の脱酸・脱苦味装置

オレンジ、グレープフルーツジュースなどの柑橘類果汁には酸味(クエン酸)、苦味(ナリンギン)が多すぎて風味の改善が必要なことがあります。
このような場合に、酸味成分、苦味成分を適度に除くことにより、風味を調整することができます。

一覧へ戻る