三菱ケミカルンアクア・ソリューションズ株式会社

  • 文字サイズ


ポリフェノール・DHA・食品色素などの 機能性食品の精製 分離精製装置(応用例)

野菜、果実などから抽出するポリフェノール、天然色素等の機能性食品は、合成吸着剤HP SPシリーズを充填したカラムに抽出液を流して目的成分または不純物を吸着し、アルコール等の溶離剤で回収する事で精製できます。
食品工場で使用される装置は衛生面に考慮し、ステンレス製樹脂塔,サニタリー配管を用いたものが適用されます。

機能性食品の精製 適用事例

精製システム HP-Sep

合成吸着剤を用いた有価物質の分離精製システムHP-Sepをラボ検討用サイズから工業製造用までラインナップしております。

精製システム HP-Sep 特徴

運転例:ペプチドの精製

運転例:ペプチドの精製

運転例:ペプチドの精製

お気軽にお問い合わせください。

電話にてお問い合わせ

03-6748-7468
資料請求、お問い合わせはこちら


Copyright (c) 2017 Mitsubishi Chemical Aqua Solutions Co., Ltd. All Rights Reserved.