三菱ケミカルンアクア・ソリューションズ株式会社

  • 文字サイズ


医薬品・機能性食品の精製等に 合成吸着剤による分離 分離プロセスの解説

合成吸着剤模式図

合成吸着剤とは
多孔質構造を有する球状架橋合成ポリマー。
物質は主に逆相分配モードで吸着。

合成吸着剤の特徴

多孔質構造

・直径数十〜数百オングストロームの微細な孔を多数有する → 分子篩い効果による選択的吸着
・比較的大きな細孔- 小分子から大分子の物質の吸着が可能(HP20、HP2MG)
・比較的小さな細孔- 比較的小分子の物質の吸着に有利(HP21、SP800シリーズ等)

単塔式分離法

吸着剤溶離法/先端分離クロマト


合成吸着剤適用事例/合成吸着剤を用いた分離精製システム HP-Sep

お気軽にお問い合わせください。

電話にてお問い合わせ

03-6748-7468
資料請求、お問い合わせはこちら


Copyright (c) 2017 Mitsubishi Chemical Aqua Solutions Co., Ltd. All Rights Reserved.