三菱ケミカルンアクア・ソリューションズ株式会社

  • 文字サイズ


柑橘類の脱酸・苦味除去に 果汁の風味改善 分離精製装置(応用例)

オレンジ、グレープフルーツジュースなどの柑橘類果汁には酸味(クエン酸)苦味(ナリンギン)が多すぎて風味の改善が必要なことがあります。
このような場合に弱塩基性イオン交換樹脂によるクエン酸吸着、合成吸着剤によるナリンギン吸着で風味を調整することができます。
但し果汁にはパルプ成分が多く樹脂層表面に堆積し、通液が不可能となりますので下記のような工程となります。

処理フロー

果汁の風味改善処理フロー

処理例

果汁の風味改善処理例

お気軽にお問い合わせください。

電話にてお問い合わせ

03-6748-7468
資料請求、お問い合わせはこちら


Copyright (c) 2017 Mitsubishi Chemical Aqua Solutions Co., Ltd. All Rights Reserved.