三菱ケミカルンアクア・ソリューションズ株式会社

  • 文字サイズ


化粧品、医薬品原料として使われる グリセリンの精製 分離精製装置(応用例)

化粧品、食品、医薬品などの原料として使われる天然グリセリンは製造工程で不純物、色素が混在します。粗製グリセリンの不純物、色素除去にはイオン交換樹脂が使われます。

処理フロー

強酸性樹脂PK216→強塩基性樹脂PA308→混床樹脂PK216/PA308による脱塩、脱色

グリセリン液脱塩例

クロマト分離による高塩量グリセリンの脱塩テスト例

高塩量である粗製グリセリンの場合、イオン交換法での脱塩には使用する樹脂量が莫大な量となってしまいます。下図に、カチオン交換樹脂を用いた分子篩いモードによる塩類とグリセリンの分離テスト例を示します。

クロマト分離による高塩量グリセリンの脱塩テスト例

お気軽にお問い合わせください。

電話にてお問い合わせ

03-6748-7468
資料請求、お問い合わせはこちら


Copyright (c) 2017 Mitsubishi Chemical Aqua Solutions Co., Ltd. All Rights Reserved.